西宮、夙川のおいしい洋食屋さん ダイニング・キノシタ
シェフの気ままなブログ

洋食

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-)

久しぶりの釣り

皆様こんにちは!

いつも読んで頂き大変ありがとうございます。

さて私は昨日、中学時代の同級生だった友人が釣りに誘ってくれたので淡路島へ行って来ました。

僕は釣りをやるのも、誘ってくれた友人と遊ぶのも、何と25〜6年ぶりの事なんです。

最近になってこの友人がご家族やお仕事仲間の方々とお店にご来店され、お話をする機会も増え、今回の釣りが実現しました。


11/26 お店を閉めて帰宅して日付が変わる15分前、西宮を出発し、深夜の高速を淡路へ向かいました。

明石海峡大橋にさしかかりました。

実はこの橋を渡るのはこれが初めての事なんです。

淡路島へ渡るのも、およそ25〜6年ぶりの事で、その時は橋の工事すら始まっていなかった様に思います。

なぜなら淡路島には鉄道が走っていないので…。

中学時代のほろ苦い思い出などをを話しながら目的地の福良港に到着し、漁船の船溜りのある防波堤で早速釣りを開始した。

釣り竿をはじめ、道具一式は全て友人が僕の分まで用意していてくれ、大変ありがたい。

またここには外灯もあり、私の様な素人でも安全に釣りを楽しむ事が出来る。

釣りを開始してほどなく小さなアジやメバルなどが釣れ出しとても楽しい。

たまに根がかりして仕掛けをダメにしてしまっても、その都度友人は親切に仕掛けを作ってくれた。

とても有難い。

夜明け前、漁船たちが次々と出漁して行く様子を見ながら釣りを楽しむ。

釣れた魚は鮮度を保つため、即座に絞めた。

私は普段、沢山のお魚を調理しますが、それらは全て既に死んでいるものですが、今回は釣った魚を私自身がその命を絶つのである。

とても感慨深い思いでしたが、毎日調理している肉や魚達にはみんな命があって、それを無駄にせず、心して調理しなければいけないのだと改めて思いました。

やがて夜が明けと共にあまり釣れなくなってきたので8時半過ぎに終了した。

その後、友人はせっかく私が久々に淡路島に来たという事で、いろいろと廻ってくれた。

まずは大鳴門橋とうずしおが見える道の駅へ。

残念ながらうずは巻いていなかったけれど、鳴門海峡の景色は素晴らしく、私は喜んだ。

売店で好物のわかめの佃煮を購入。

次に向かったのはいろいろなハーブの香りが楽しめる温泉で、夜通し釣りをして若干冷えた身体には最高でした。

ゆっくり温泉に浸かった後は併設されたウエディングも出来るお洒落なレストランで美味しいランチを頂く。

友人が僕の仕事の参考になればとの配慮だった。

とても有難いしうれしい。

その後、こちらも併設された観葉植物やハーブなどの鉢植えを販売している所を見て、そこで販売しているソフトクリームを美味しく頂く。

次に向かったのが淡路島園芸大学という所で、ここは本当に美しく手入れされた広大な庭が素晴らしい。水琴窟もあった。

園芸などが好きな方は是非、行かれたら良いでしょう。

その後、急遽明石海峡名物の「たこフェリー」に乗って、明石で明石焼を食べに行こう!という事になり早速岩屋港へ向かう。

船が大好きな僕への配慮からで、とても嬉しい。

フェリーのりばに到着したのは15:59で、私たちは辛くも16:00出港の便に乗船出来た。

このフェリーに乗るのは多分初めてです。

車両甲板から客室までは若干狭くて長い階段を上がらなければいけないけれど、船内はとてもゆったりとしていて、なかなか快適でした。

窓からは雄大な大橋や行き交う船などが見えて全く退屈しないし、乗船時間も丁度良い。

私たちは束の間の船旅に満足し、明石市街地へ。

友人の行きつけの明石焼いずもさんで食べた明石焼は正に絶品という以外ないほど美味しかったです。

あまりの美味しさに夢中で食べました。

今回の僕の休日は、友人のおかげで本当に充実した素晴らしい一日でした。

私にとってはほろ苦い思い出の方が多かった中学時代の話もいっぱいして、いろいろな思い出がよみがえった。

私のためにいろいろと気配りや配慮してくれた友人に感謝の気持ちでいっぱいです。

おかげで凄く楽しい休日でした。

ありがとう!


2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
2.jpg

日々のつぶやき | コメント(0)
コメントの投稿











 
西宮、夙川のおいしい洋食屋さん ダイニング・キノシタ

阪神西宮駅から北へ徒歩10分、西宮北口と夙川の間、阪急高架下にあるおいしい洋食屋さん、ダイニング・キノシタ シェフの気ままなブログ。

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。