西宮、夙川のおいしい洋食屋さん ダイニング・キノシタ
シェフの気ままなブログ

洋食

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-)

明石の免許試験場へ行こう! 2

皆様こんにちは〜!

いつもありがとうございます。

前回のブログ、読んで頂けましたかぁ〜?

もう最悪でしょう(笑)

でもね、昨日から今日にかけて、久しぶりの車の運転を早速楽しんでるんですよぉ〜!

取得後1年間は、結構リスクがあるんですがね、やっぱり乗っちゃいますよ〜。

そして私の運転が前と変わった事と言えば…

やたらと左側を走る、左折時、左寄せを意識する、
制限速度を前よりも気にする、
横断歩道に渡ろうとしている歩行者がいたら止まって上げる(安全上止まれない場合もありますがね)
etc

まぁね、何しろこの1年間はね、イイ子ちゃん運転をしなければいけないのです。



明石の免許試験場へ行こう! 2

明石16

気が重かった旅行から帰宅した私が、まず初めに着手した事は、仮免許学科試験に向けてのお勉強!
今は便利な世の中で、試験練習問題集は全て、インターネットを使って練習する事が出来、書店でわざわざ問題集を購入せずに済みました。
そして私は運転免許を再取得するにあたって、いくつかの取り決めをしました。

◯運転免許を失効してしまった事は、ごく一部の人に知らせるに留め、再取得は極秘裏に進める事。

◯試験を受けに行く為にお店を休まない。

◯学科試験合格のめどが立つまで、スポーツジムはお休みし、お勉強に当てる。

◯運転免許が戻って来るまでは趣味の鉄道の撮影は見合わせる。
(これはちょいと辛いです 汗)他


またインターネットによって多くの情報を得る事も出来、「飛び入り試験」がいかに困難な事であるかを改めて知る事と相成りました。
仮免許学科試験までの約1週間、スポーツクラブへ通っていた時間など、空いた時間は可能な限り、練習問題に取り組みました。
お店にいる時も、お客さんが居ない時など、携帯を利用して勉強しました。
(便利な世の中になったものです)
そして住民票や証明写真などの書類関係を速やかに揃えます。
また、現地には鉛筆やボールペンが無いとの事なので、何か適当なペンケースが必要となり、急遽私が中学生の頃に愛用していた「銀河鉄道999」の缶ペンケースを何十年ぶりかにひっぱり出して来て9月1日の朝、いざ明石へと向かいました。
ところで明石運転免許試験場と言えば、まず思い浮かぶのが…

◯愛想が悪い
◯みんな上から目線で偉そう
◯順序が分らず困っていると怒鳴られる
etc


ああ、あんな所へは二度と行くまい!と初めて免許証を取得した時に一度だけ行った明石の試験場へ、また行くハメになろうとは…(涙)
緊張のせいか、新快速電車に乗車中、お腹の調子がおかしくなり、車内のトイレを利用したりなんぞしました。
しかし、須磨海岸沿いを走る区間で、沖合を航行する帆船(海王丸orにほん丸?)が見え、心が和んだ。
明石駅からは神姫バスに乗り換えます。
乗り場などは免許試験場までの利用客が多いせいか、誰でも解る様にちゃんと案内表示や料金まで書いてあり、迷う事なく乗車出来ます。
そして明石高校前停留所を過ぎたあたりから、かまぼこ形屋根が特徴の明石運転免許試験場が見えて来ます。
免許試験場バス停で下車し、そびえ立つ庁舎へと向かいます。
案内所で飛び入り試験用書類一式を手渡され、早速記入し、指示された窓口をまわり、チェックを受けます。
明石12

あれれ!?
ここの職員の皆さん、一体どうしちゃったんですか!?
対応して下さる各係官は皆さん決して愛想が良いとは言えないけれど、以外と親切丁寧でホッとする。
また人によってはとても誠実に対応して下さり、ここへ来る前に抱いていた悪いイメージが消え去った。
明石6

次は適正テストを受けます。
背丈がスラリとした小綺麗なオバさん試験官が小走りでやってきて、

「ちょっとぉ!はよはよ!!時間ないから急いで!!!」

と急かされ、腕を前に伸ばしてグッパグッパさせられ、続いて片足を上げてけんけんをさせられる。
最後は視力検査でボックスの中を覗くよう指示され、左右上下を答える。
ところが私は昨夜遅くまでパソコンで試験問題を解いていたので目が疲れていてあんまりよく見えない。
躊躇しているとオバさん試験官殿が

「早よさっさと答えて!」

と、またしても急かされ、エェ〜イ!と、もう適当に答えたらすんなりパス!
その後、色盲検査(赤青黄)をちゃちゃちゃ〜っと済ませ、試験会場となる第二試験室で待機する様促されました。
席は受験票に書かれた番号の席に座ります。
何列にも渡り、大勢の若者の列は、恐らく教習所卒業組かな?
そして私の席のある列には数人の受験生が座り、多分飛び入り組でしょう。
そしてもう一組は、もしかしたら自動二輪の試験かな?
試験開始時間まで、自習します。
そして時間となり、試験官から長々と注意事項や答案用紙のマークシートへの記入のしかたなどの説明が30分ほど続きます。
とても丁寧に説明してくれますが、私の真後ろのおじさんは苦戦している様で、指示されたマークシートの違う所をチェックしたりして、試験官を困らせていました。
説明が終わると直ちに開始されました。
ところが…

見、見えない!

マークシートの升目が小さくて良く見えない〜!
昨夜は遅くまでパソコンでお勉強していたせいか、かなり目が疲れている様だ。
でも何とか問題と向き合う事30分。
問題は50問なので、見直す時間も十分にありました。

そして結果発表となり1回のモニター前に集まり、ピンポンピンポンピンポン!のチャイムの直後、合格者の番号がモニターに映し出される。
緊張の一瞬だ。
明石b

さてさて…勿論ありました!!

これでとりあえず第一関門をクリアしましたが、先がまだまだ険しそうです。
この日、飛び入り組で合格出来たのは、7〜8人中3人だった様で、合格者は次回受験する事になる仮免技能試験の説明と予約を行うため、地下(地上階)にある技能試験コーナーへ。
幸い翌週の木曜日が空いており、早速予約を入れた。
その際、技能試験待合所にある試験に関するビデオ映像を見る様に勧められ、少し見た。
これは良く見ておかねばならない内容だから、しっかり見ました。
その後、お金を払う1番窓口へ行き受験料を支払い証書をもらう。
そこで仮免許技能試験コース図を勧められ、少し迷ったが購入した。(¥300)
しかしこのコース図は後々非常に役にたつこととなった。
この日の日程はとりあえずこれで終了。
いつもお店の事などで協力してくれている友人のホン・グギョン(あだ名、日本人です)も心配で明石まで様子を見に来てくれていた。
奇しくも彼も間もなく運転免許を取得するためにスクールへ通う事になっており、これもまた奇遇な事だ。
せっかくなので名物「明石焼き」を一緒に食べて帰途についた。

運転免許失効事件 | コメント(0)
コメントの投稿











 
西宮、夙川のおいしい洋食屋さん ダイニング・キノシタ

阪神西宮駅から北へ徒歩10分、西宮北口と夙川の間、阪急高架下にあるおいしい洋食屋さん、ダイニング・キノシタ シェフの気ままなブログ。

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。